手塚 利男

手塚 利男(てづか としお)
株式会社プロフェス代表取締役
風土改革コンサルタント
社員研修/人材育成,コーチング/カウンセリング,コミュニケーション
  • ギスギスした職場を一人でも始められる「職場活性化」
  • 風土変革が成功する秘訣とは
  • 社内のリアルコミュニケーション力向上セミナー
1952年
山形県南陽市生まれ。いすゞ自動車で生産技術を担当し、
トヨタ生産方式をモデルにした「いすゞ生産方式」の構築に参加。
1991年
いすゞ自動車の風土改革活動に自ら手を挙げて参加し、
全社風土改革の推進担当になる。
1997年
川崎工場の総務部長に就任し、
総務や人事が持つ規制の緩和に取り組む。
1999年
いすゞ自動車の子会社、キャリア開発株式会社の取締役に。
2001年
いすゞ自動車を退職し、コンサルタントとして独立。
現在はスコラ・コンサルト社と共に、
自動車・電機・機械などメーカー系企業を主体に
風土改革の支援を行っている。
【専門分野】
四百数十億円の赤字を出し、崖っぷちに立たされた
いすゞ自動車がどうして黒字浮上できたのか?

経営再建の過程で行われた経営者と社員が一体となって
取組んだ風土改革活動のノウハウを活かして
御社の変革を支援します。

以下のテーマを得意としています。

●経営トップに対する社員の信頼感づくり

●経営トップの「変革の思い」を社員と共有し、
 経営側と社員が一体となった変革活動を行う

●部門間のカベを低くし連携を強めて経営変革を成功さる

●仕組や制度が機能を阻害する風土体質問題を顕在化し改善する

●風土や価値観の異なる会社や組織の統合効果を出す

●長時間労働や残業の問題を組織風土の面から変革し、
 働きがいのある会社をつくる

●ES調査結果を活かして働きがいのある会社に変える

●強引な「工場革新活動」により疲弊した組織の活力を上げ、
 社員が主役の「工場革新活動」に変える
  • ギスギスした職場はなぜ変わらないのか(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)



     

ページの上へ

いとう伸DVD販売
講演告知の簡易チラシ
セミナーラボの特徴
セミナーラボをブックマークする
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトはSSLを使用しており
送信される個人データは暗号化によって
保護されています

会社案内(運営会社)

株式会社パーソンズデザイン

東京オフィス

〒104-0061
東京都中央区銀座1丁目3番3号 G1ビル7階653号

FreeDial 0120-512-157
FAX 03-5770-7883


大阪オフィス

〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4-1000
大阪駅前第4ビル10F

FreeDial 0120-512-157

TEL 06-6136-6870
FAX 06-6131-6199

くわしくはこちら