山崎 大地

山崎 大地(やまざき たいち)
宇宙的自由人
宇宙ビジネスプロデューサー
ヴァージンギャラクティック社スペースシップ2宇宙飛行士
航空宇宙工学エンジニア(専門は有人宇宙技術)
有限会社国際宇宙サービス代表取締役
無重力チャレンジャー「ZERO」代表
鎌倉Sky Watching Club代表
鎌倉スペースアカデミー代表
鎌倉宇宙フェア実行委員会委員
千葉県柏市男女共同参画審議委員会委員
埼玉県志木市「カパル宇宙プロジェクト推進室」室長
社員研修/人材育成,コミュニケーション,医療/介護/健康,その他
  • 「新たな宇宙ビジネスの時代到来(企業、社長、投資家向け)」(ビジネス、投資)
    「夢の宇宙旅行時代の到来(親、先生、大人向け)」(教育、最新宇宙開発、夢の実現、自己啓発)
  • 「これからの時代の新たな宇宙への夢(子供、生徒向け)」(教育、宇宙の仕事、夢の実現)
    「宇宙主夫。妻と娘と夢をおいかけて」、「家族で叶えた宇宙への夢」(男女共同参画、ワークライフバランス、夢の実現)
  • 「宇宙飛行の裏話(131の記憶)」(宇宙開発、夢の実現、誰も知らない超極秘ネタ)
1.「新たな宇宙ビジネスの時代到来(企業、社長、投資家向け)」(ビジネス、投資)

早ければ2012年末より、アメリカのヴァージンギャラクティック社による宇宙旅行が始まります。
宇宙飛行士ではない一般人がお金を出して宇宙へ行く時代が始まるのです。そんな新たな宇宙旅行時代に向けて、ビジネスチャンスが無限に広がっています。

十数年前に起こったIT革命にかわる、新たな宇宙ビジネス革命が起ころうとしているのです。
今、世界では宇宙旅行時代に向けた斬新な宇宙ビジネスが次々と立ち上がっています。
日本も遅れをとってはいけません。弊社も、宇宙と地上の産業をコラボレーションさせた新たな企業を100社設立することを目指し、本腰を入れて頑張ってまいります。ぜひ、新たな時代を目指し、皆さんとともに日本を変えて行きたいと思います。




2.「夢の宇宙旅行時代の到来(親、先生、大人向け)」(教育、最新宇宙開発、夢の実現、自己啓発)

子どもの頃に見た映画やアニメを通し、憧れた宇宙への夢。宇宙はどんどん身近な世界になっています。
宇宙への夢は子供達や一部の科学者だけのものではありません。
現在の宇宙開発の現状と、これからの宇宙ビジネスなど、世界でしのぎを削って進んでいる最先端の宇宙産業をご紹介するとともに、自らの新たな夢の実現のためにこれから何が必要か、また子供達の教育のために何が必要か、人生の指針を提言します。




3.「これからの時代の新たな宇宙への夢(子供、生徒向け)」(教育、宇宙の仕事、夢の実現)

天体望遠鏡越しに眺め、映画やSFの世界だと思われていた宇宙も、今や実現可能な夢であり、職業の場のひとつです。映画やアニメから入った宇宙、アメリカでのNASA体験、スペースシャトルの事故、そして日本人が宇宙へ・・・。

いったい宇宙ってどこで勉強する?宇宙飛行士になるにはどうしたらいいの?
かっこいい宇宙の仕事は宇宙飛行士だけではありません。
自らの実体験、そして宇宙飛行士の訓練や宇宙飛行の実際の映像・写真など使いながら、宇宙の面白さや宇宙に興味を持つことの素晴らしさを伝え、子供達の夢を膨らませ、科学・宇宙への興味を促します。




4.「宇宙主夫。妻と娘と夢をおいかけて」、「家族で叶えた宇宙への夢」(男女共同参画、ワークライフバランス、夢の実現)

2010年4月、ついに「日本初のママさん宇宙飛行士」が誕生しました。
その裏には、表には出てこない家族の大きなサポートがありました。
共働き、責任の重い多忙な仕事、両親の介護、幼い娘の育児・・・そして何をするにしても「前例が無い」という言葉に、夫婦で宇宙飛行に協力したいという気持ちを何度も遮られ、やがては自分の夢の仕事を退職せざるを得なかったこと。

自らの長年の夢を諦めてまで、国をまたいで育児・介護・家事と闘い、その負担と苦しさから、鬱病になり、自殺を考え、離婚調停にまで発展してしまったこと。しかし最後は開き直って妻の宇宙飛行を最後まで支え続けたこと・・・。

そんな経験談を踏まえながら、皆さんとともに「仕事とは、家族とは、生きるとは」を考えます。
日本社会における男女共同参画、ワークライフバランス発展のため、少しでもお役に立てれば幸いです。




5.「宇宙飛行の裏話(131の記憶)」(宇宙開発、夢の実現、誰も知らない超極秘ネタ)

2010年4月5日、スペースシャトルディスカバリー号に搭乗し、宇宙へと飛び立った宇宙飛行士山崎直子。

その裏では、普通の生活ではできない様々な体験がありました。

1年後、妻は宇宙出張へと出発します。そのとき妻は・・・

宇宙ではどんな服を着るの?
宇宙ではどんなものを食べるの?
宇宙で使う化粧品とは?
宇宙に持って行ける記念品とは?
宇宙に出発する前に書く遺書とは?
発射直前、ドラマチックに実現した10年越しのあの約束・・・。
宇宙に行くのはわずか8分30秒?
宇宙飛行のスピードは時速28000キロ?音速の25倍?
宇宙は地上400キロ?
目覚めのときには管制センターからモーニングコール。そのとき家族が選んだ曲とは!
突然宇宙から携帯電話にかかってきた電話とは!
娘が母に託した宇宙実験は地上ではあり得ない結果を生み出した!!
そして、NASAが宇宙飛行士とその家族のために用意している様々なサプライズや粋な計らいとは!!!
宇宙飛行士の家族として、飛行士本人とともに経験してきたさまざまな宇宙飛行にまつわる貴重な体験談を、
秘蔵映像や写真を交えて、余すところなくお伝えします。


【メディア実績】

◇日本航空新聞: 2001年3月8日 (JAMSS 「きぼう」実運用 取りまとめに意欲)
◇NHK:2002年1月、3月(NHK 朝の連続テレビ小説「まんてん」)
◇読売新聞:2004年6月22日(宇宙飛行士の妻を"専業主夫"として支える山崎大地さん)
◇毎日新聞「ひと」: 2004年6月28日(退職して愛娘と渡米 宇宙飛行士の妻を応援 山崎大地さん
◇女性自身「シリーズ人間」:2004年7月(ママは宇宙飛行士、パパは専業主夫)
◇朝日新聞「ひと」:2004年8月2日(宇宙飛行士の妻を支えるため「主夫」になるステーション管制官
◇婦人公論:2004年9月7日号(独占告白・宇宙飛行士の妻を支える美談の真相 僕は君の"家政夫"じゃない)
◇茨城新聞:2005年2月23日(ベンチャー企業立ち上げ JAXA元管制官が独立)
◇三菱電機 D-Space コラム:2005年8月(女性飛行士、家族で目指す宇宙)
◇日本経済新聞「主役たち」: 2005年11月25日(国際宇宙サービス社長山崎大地さん 飛行士の妻支える「主夫」つくばで起業、日米を行き来)
◇スカパー旅チャンネル: 2006年2月〜(宇宙トラベラー根本はるみのゼロG体験スペシャル)
◇読売新聞:2006年6月8日(夫も宇宙飛行へ 米の民間機で山崎さんら3人)
◇朝日新聞:2006年6月8日(妻は飛行「宇宙」夫はビジネス)
◇MYCOMジャーナル:2006年6月14日(2007年、日本の民間人が"宇宙ビジネスマン"として宇宙へ飛び立つ)
◇読売新聞「星に願いを1」:2006年7月19日(宇宙の旅 売ります「夢をビジネスに」日本でも)
◇朝日新聞 Be Report:2006年9月16日(宇宙に行きたい 民間の開発に期待)
◇Live in SPACE PROJECT:2006年12月(Interview Taichi Yamazaki)
◇月刊天文:2006年12月号
◇SCIENCE & TECHNONEWS TSUKUBA No.81:2007年1月(TCI入居企業紹介 有限会社国際宇宙サービス/株式会社アストラックス)
◇JAPAN TIMES:2007年1月14日(Japan’s pioneers of space age)
◇CNES MAG:2007年1月号(Astrax Promoters in front of Rocketplane XP)
◇茨城県中小企業振興公社, 2007年2月(「平成18年度ヤングベンチャービジネスプランコンペいばらき」入賞者等決定!!)
◇DREAM GATE GRAND PRIX2007:2007年2月(関東エリア代表者 山崎大地氏 )
◇茨城県中小企業振興公社:2007年2月(歴代受賞者及び受賞プラン一覧)
◇Space News.jp:2007年2月(民間有人宇宙ベンチャー企業が、地元のビジネスコンペにて奨励賞に輝く)
◇ドリームゲート:2007年3月(山崎大地氏「“IT”の次は“宇宙”。あなたの夢を“宇宙”で実現します」
◇BS朝日 TOKYO起業家サミット大挑戦者祭2007特番:2007年3月31日
◇高等学校家庭科用文部科学省検定済教科書 家庭基礎 コラム(P.18):2007年4月(宇宙飛行士の妻を支えるため「主夫」になるステーション管制官 山崎大地さん)
◇高等学校家庭科用文部科学省検定済教科書 家庭総合 コラム(P.22):2007年4月(宇宙飛行士の妻を支えるため「主夫」になるステーション管制官 山崎大地さん)
◇コロンブス:2007年5月号(民間初の宇宙飛行士として宇宙と企業をつなぎたい!!)
◇常陽新聞:2007年6月( 社長たちの人生劇場株式会社アストラックス 山崎大地(やまざき・たいち)さん)
◇読売新聞:2008年3月16日(夫婦で見守る「夢の席」、山崎飛行士の夫が入室手順書作成)
◇東海大学PERFECT: 2008年 (夢と現実を繋ぐ”道なき道”を自ら切り拓いた日本初の民間宇宙飛行士)
◇朝日新聞アスパラクラブ ヒューストン宇宙だより: 2008年8月13日(教科書になった「ひと」)
◇AERA:2009年1月19日号(「逆境子育て」深まる絆)
◇朝日新聞:2009年11月20日(シャボン玉、宇宙では色づくの?)
◇朝日新聞: Be on Saturday コラム連載2009年11月〜2010年3月(新宇宙家族)
◇朝日新聞: Be on Saturday フロントランナー2010年新年号特集 2010年1月9日(管制官のふりをして携帯からプロポーズ)
◇朝日新聞:2010年2月10日(ママ、宇宙でがんばれ)
◇産経新聞:2010年4月14日(山崎さん、松田聖子の歌で起床 夫の大地さんが選曲)
◇朝日新聞「天声人語」:2010年4月8日(宇宙飛行士の夫婦)
◇ZAKZAK:2010年4月13日(宇宙飛行士の妻のため…“主夫業”歩んだ山崎大地さんのイバラ道)
◇MBS毎日放送「情熱大陸」:2010年4月24日(山崎直子)
◇週間ダイヤモンド:2010年6月12日号(本人と家族にかかる精神的負担 宇宙飛行士を支えるということ)
◇ニューヨークブロードウェーミュージカル「イン・ザ・ハイツ」プロモーションCM (2010年6月〜8月)
◇Domani:2010年8月号(「私の夫は、白馬の騎士(今、”ナイツ”を生きる夫たち)」)
◇ちば県民共生センター情報誌「eパートナー」:2010年9月号(「ひと」 山崎大地さん)
◇朝日新聞 asahi.com,:2010年10月29日(秋の園遊会に宇宙飛行士の山崎さん・野口さんら)
◇女性自身:2010年11月16日号(山崎直子さん夫・大地さん「着ていく礼服がなくて慌てて借りに行きました」)
◇上毛新聞:2010年12月25日(夫婦でバランスとって 大地さん”主夫”語る)
◇上毛新聞シャトル:2010年12月26日(山崎飛行士の夫 来館 展示品参考に「直子記念館造りたい」)
◇ENGLISH JOURNAL:2011年2月号(夫と娘に支えられ宇宙に飛び立ったスーパーウーマン人物紹介)
◇ラジオ日本「昨日の続きのつづき」:2011年1月12日〜21日(宇宙家族ヤマザキ - 山崎大地)
◇福島民友:2010年1月23日(「主夫」の経験を語る 山崎宇宙飛行士の夫が講演)
◇福島民報:2010年1月23日(”宇宙主夫”秘話語る 山崎さんの夫、講演)
◇福島中央新報:2010年1月23日(”宇宙主夫”山崎さんの講演会 未来館誕生10周年記念事業)
◇産經新聞:2011年1月〜2月( 「イクメン学」 国際宇宙サービス代表 山崎大地さん(上)(中)(下)」
◇スポーツ報知:2011年2月1日(「ディスカバリー」搭乗の山崎直子さん支えた“主夫”の苦悩…山崎大地著「宇宙家族ヤマザキ」
◇渡良瀬通信:2011年2月号,(夢を諦める悔しさを乗り越え、築いた「宇宙家族」。)
◇日経BP別冊「相続・年金・介護・葬儀 死ぬときに後悔しないお金・暮らし事典」
◇NHKいまほんランキング (2011年2月22日取材)
◇ジェネリーノ: 2011年3月〜6月掲載
◇BIZMOM 春号:(ママだけじゃない!子育てパパも日本を救う、パパの子育て事情)
◇健康365:5月号: (2011年2月27日取材)
◇MEN'S LEE:5月号(2011年2月8日取材)
◇テレビ神奈川「ありがとッ!」出演 (2011年6月29日放送)
◇かぞくのじかん: Vol 17 秋号 (夫婦のすがお つぶやいた瞬間)
◇フジテレビめざましテレビ:(映画「はやぶさ」試写会コメント)(2011年9月6日放送)
◇静岡放送ニュース(内閣府&静岡県共催「男女共同参画フォーラム in 静岡」の報道)(2011年9月30日)
◇いわき民報(いわき市男女共同参画の日講演会の報道)(2011年12月6日)
◇立志館ゼミナール教育BOX新年号特別インタビュー (2012年1月1日号)
◇湘南よみうり新年号特別インタビュー (2012年1月1日発行)
◇ラジオ大阪:教育番組「教育BOX」出演 (2012年1月10日、14日、17日)
◇TOKYO MX:「世界のいま」出演 (2012年1月)
◇ラジオ日本:「きのうの続きのつづき」(2012年1月24日〜2月3日)
◇テレビ東京:「なんでも鑑定団」出演 (2012年1月24日)


【講演実績】

11/18/2012 新潟県小千谷市男女共同参画講演会にて講演
11/15/2012 経済界倶楽部福岡にて講演「無限に広がる民間宇宙ビジネス」
10/27/2012 佐賀県立男女共同参画センターにて講演
10/21/2012 山形県立男女共同参画センターにて講演
10/13/2012 愛知県岡崎市でトークショー(with 世界的コレクター北原照久さん)「子供達に夢を、そんな大人達へ」
09/26/2012 大阪CS研究会講演会「無限に広がる民間宇宙ビジネス」
09/02/2012 鳥取県立三瓶自然館サヒメルでのトークショー(with サンライズガンダムプロデューサー堀口滋さん)
08/25/2012 無重力チャレンジャーZEROフライト3回目(日本最年少記録樹立)
08/12/2012 鎌倉スペースアカデミー授業10回目(課外授業@はまぎんこども宇宙科学館)
08/11-15/2012 プラネタリウム演劇版「宇宙家族ヤマザキ〜2022年、娘から届いた宇宙からのラブレター〜」@はまぎんこども宇宙科学館
08/06/2012 アカデミーキャンプ2012夏 宇宙授業@国立オリンピックセンター
07/20/2012 プラネタリウム演劇版「宇宙家族ヤマザキ〜2022年、娘から届いた宇宙からのラブレター〜」トークショー@藤沢市湘南台文化センター(with 演劇ユニット宇宙食堂主宰 新井総さん)
07/15/2012 無重力チャレンジャーZEROフライト2回目
07/01/2012 演劇版「宇宙家族ヤマザキ〜2022年、娘から届いた宇宙からのラブレター〜」トークショー(with 落語家 桂雀々さん)
06/30/2012 愛知県岡崎市しいの木クリニック講演会
06/29/2012 演劇版「宇宙家族ヤマザキ〜2022年、娘から届いた宇宙からのラブレター〜」トークショー(with 世界的コレクター 北原照久さん)
06/28/2012 兵庫県姫路市男女共同参画講演会
06/23/2012 愛知県みよし市男女共同参画講演会
06/16/2012 鎌倉宇宙庵@浄智寺(鎌倉宇宙フェア実行委員会第1回イベント)
05/27/2012 鎌倉スペースアカデミー授業8回目(研究発表会&特別講演会)
05/19/2012 愛知工業大学講演(講義)
05/13/2012 無重力チャレンジャーZEROフライト1回目(世界初の無重力プロポーズなど)
04/22/2012 鎌倉スペースアカデミー授業7回目
04/09/2012 西川りゅうじんさんと対談@バイオラバーあざみ野36.5°
03/24/2012 鎌倉スペースアカデミー授業6回目
03/23/2012 JR東日本八王子支社講演
03/10/2012 茨城県女性プラザ常陸太田市男女共同参画講演
02/27/2012 藤沢市亀井野小学校講演
02/26/2012 鎌倉スペースアカデミー授業5回目
02/23/2012 あすばる福岡男女共同参画講演
02/19/2012 山口県人づくり・地域づくりフォーラムin山口講演
02/17/2012 日本証券経済倶楽部講演
02/14/2012 岡山大学(岡山県)男女共同参画講演
02/10/2012 川木建設大黒会新年会講演
01/29/2012 鎌倉スペースアカデミー授業4回目
01/28/2012 千葉県柏市男女共同参画講演
01/26/2012 鎌倉市立大船小学校講演
01/21/2012 名古屋市女性会館&男女共同参画室主催講演
1972年
神奈川県鎌倉市生まれ
1997年
東海大学工学部航空宇宙学科卒
三菱スペース・ソフトウエア株式会社に入社。国際宇宙ステーションの運用管制官として「きぼう」の運用準備に従事
1999年
国際宇宙ステーション実運用訓練生の一人に選ばれ、翌年から米国航空宇宙局(NASA)ジョンソン宇宙センターで訓練開始
2000年
国際宇宙ステーション搭乗宇宙飛行士候補者の角野(現:山崎)直子と結婚
2002年
長女誕生後、夫婦で育児休暇を取得
2003年
妻がロシアのソユーズ宇宙船の飛行資格取得に際しては、父子家庭で仕事と家庭・育児・両親の介護との両立を実践
2004年
NASAでスペースシャトルのMS訓練を行うこととなった妻のサポートのために、娘を連れて渡米することを決意。しかし、政府外交官の配偶者ということから仕事や就労許可が得られず、やむなく自身の夢の仕事を辞職し専業主夫となる。
2005年
有限会社国際宇宙サービスを設立
2006年
NPO法人有人ロケット研究会、株式会社アストラックス、及び株式会社アストラックスミッションサービスを設立し、日本における新たな宇宙産業の創出を目指す
2008年
米国永住権取得
2009年
妻のスペースシャトル・ディスカバリー号での初宇宙飛行を家族で支える
2010年
妻は 11年の訓練期間を経て宇宙へと旅立ち、2010年 4月 20日に全てのミッションを終了し、無事に地球に帰還。そして、家族は「日本初のママさん宇宙飛行士」の誕生に大きく貢献した。
2012年
5月より無重力フライトビジネス開始。7月にはヴァージンギャラクティック社の宇宙船による宇宙飛行に申込み完了。

2014年、アメリカ合衆国ニューメキシコ州のスペースポートアメリカにて宇宙飛行を行う予定。

現在は、宇宙飛行の準備を行う傍ら、日本とアメリカを中心に宇宙旅行時代に向けた新たな民間宇宙ビジネスの創出や、執筆や講演活動などを行いつつ、男女共同参画や夢の実現などについて自身の経験を広く伝える活動などを行っている。
  • 宇宙主夫日記(小学館)2010年2月刊
  • 宇宙家族ヤマザキ(祥伝社)2010年12月刊



     

ページの上へ

いとう伸DVD販売
講演告知の簡易チラシ
セミナーラボの特徴
セミナーラボをブックマークする
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトはSSLを使用しており
送信される個人データは暗号化によって
保護されています

会社案内(運営会社)

株式会社パーソンズデザイン

東京オフィス

〒104-0061
東京都中央区銀座1丁目3番3号 G1ビル7階653号

FreeDial 0120-512-157
FAX 03-5770-7883


大阪オフィス

〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4-1000
大阪駅前第4ビル10F

FreeDial 0120-512-157

TEL 06-6136-6870
FAX 06-6131-6199

くわしくはこちら